info

~令和2年7月豪雨 九州応援プロジェクト~

第1弾はBerrysan考案

『ごぼう茶鯛茶漬け』
『ドライベジタブルと豚バラごぼう茶煮』

 

Berrysanの想い
“乾燥野菜は前から使いたかった食材!
生鮮では出せない味や、フードロスにつながる取り組みができないか考えてつくりました。
野菜の凝縮された旨味を伝えたい!”

 

【調理方法】
<<下準備>>
畑のお出汁とごぼう茶でスープをつくる
ブイヨンで味をととのえる


[photo by MasterBerry]

 

◉ごぼう茶鯛茶漬け (調理時間20分)

①小松菜、白菜、白ねぎ(HOSHIKO)をスープにいれて5分
②ごはんをどんぶりに入れその上からかける
③お好みで塩昆布、とろろ昆布、鯛の胡麻だれあえをのせる

 

<<鯛の胡麻だれ>>
胡麻ペースト3
濃口醤油2
みりん1
3:2:1 で合わせます。
市販の胡麻だれに醤油とみりんを少し加え味をととのえても良いです。

 

◉ドライベジタブルと豚バラごぼう茶煮(調理時間20分)

①ごぼう、蓮根、トマト(HOSHIKO)をごぼう茶スープにいれ5分
②5分してから豚バラをいれて5分煮る
③塩と醤油、酒で味を整える

 

【株式会社HOSHIKO Links】
HOSHIKOは熊本県産を新鮮なままカットして乾燥加工。ぶどう糖を加えずに、野菜本来の旨み、甘みをギュッと凝縮。常温保存ができるので、野菜をストックすることができ、いつでも、好きな時に野菜たっぷりの一品を。野菜不足解消の強い味方です。

HP:http://hoshiko.co.jp