SANGROUP

新人研修「ピザ作り」第三弾

社内の新人研修の中で恒例になっている「料理研修」。前回は、男性3人と女性1人による「おもてなしランチ」。その前は、男性2人による「ピザ作り」でした。

 

今回は、初めての女性2人による「ピザ作り」。一体どんな研修になったのでしょうか!? 今回のピザ研修で与えられた時間は、4時間!もちろんピザ生地から作りますよ!

 

研修の内容は、以前のピザ研修とほぼ同様ですが、こちら↓
≪テーマ≫
ピザで自分たちの「過去(入社当初)」「現在」「未来」を表現しよう!

 

≪条件≫
・自分たちを言葉ではなく、ピザの形や大きさ、トッピングで表現すること
・2人で協力して進めること
・依頼者の要望を理解し、その条件で取り組むこと(時間・予算等)
・キッチンにすでにある材料も使用すること

 

あとは、スケジュールを伝えて、ピザ生地のレシピと予算を渡し、いざ!ピザ研修スタート。
まずは、どのようなピザにするかを2人で話し合っていました。その後、買い出しからの調理。調理時間が短くなってしまったようで、途中からバタバタ。少し時間はオーバーしてしまいましたが、ピザの出来栄えはいかに!?

 

まず『入社当初の私たち』

今回の課題は「ピザ」という事で、入社当時の私達は、一目見てピザだと分からない物を作成しました。形も細長く、棒のようで「まだ何の知識も付いていない私達」を表しました。

 

次は『今の私たち』

このピザは真っ新な状態の自分達に新しい知識が入ってきて完成形に向かう途中を表現しています。タイプの違う2人が合わさっていることを表す意味でも不揃いな形のピザにしました。

 

最後に『今後の私たち』

誰が見てもピザだと分かるような形にし、具材も他のピザよりも綺麗に整えました。得た知識をしっかり自分の物にし、今後に生かしていけるようなデザインにしました。中に餅を入れ「もっと粘り強く」という意味が込められています。

 

いかがでしょう?女性ならではの可愛らしいピザから、ボリューム満点ピザというギャップもいいですね☆自分たちの表現の仕方も、「そういうことか!」と納得です。
調理後は、それぞれのピザについて、先輩社員の前で発表をし、皆さんで美味しく頂きました。

今回、ピザ作りを体験した新人Kさん、Hさん、お疲れ様でした。先輩社員から「美味しい!」の声も頂けて、大満足だった様子。最初から最後まで、苦戦しながらも笑顔で乗り切った2人。せっかくなので、感想を頂きました☆

 

[ 新人社員.K ] 2人で1つのものを作成する事が初めてだったので考えていることや意見が上手く伝えられなく苦労したり、時間配分とか工程を考えて動くための良い経験になりました。結果として1枚目のピザなどはお互いの特色を出せた作品になって良かったと思います。

 

[ 新人社員.H ] ピザで状況を表現するのが難しかったですが、2人で考えて案を出し協力してピザを作成する事が出来たので嬉しかったです。もっと時間や材料を計算する事が出来れば更に良いピザになっていたと思うので、悔しいです。

 

この研修を通して、段取りの大切さや普段の業務に活かせることを学べた様子。今後の2人の活躍が楽しみですね!